<< マクロビオティック料理教室のご案内 鎌倉散歩 >>

トンビと潮干狩り

今日も天気がよかった。
今日はうれしいことに仕事で休みをもらった!代休が余っていたのだ!
近所に無料で潮干狩りができるスポットがあるとの情報をいただき、さっそく自転車を走らせ出かけてみることにした。
d0160618_2302993.jpg

左に遊園地、右に工場の見える人工的な海岸。
なんとも横浜らしく、こんなところに本当にアサリはいるのだろうか。
しかも、そのアサリ、撒いているわけでもなく、自生している天然物らしい。
横浜市が管理し、潮干狩りについても条例が定められている。
それは、生態系を守るために、2cm以下のアサリは採らないことや15cm以上の貝採り機を使ってはだめ、一人2kg以上採ってはならないなどなど。
ちゃんと守らなくては!
これから先、ここで潮干狩りができなくなるのは寂しい。

平日にもかかわらず、結構人がいる。
d0160618_236505.jpg

ゴールデンウィーク中は、なんと4万人も訪れていたらしい。
花火大会よりもすごい集客力。
恐るべし無料パワー。

今日の干潮は、13時45分頃。
11時半頃に着いて木陰でお弁当を食べて、それから海に入ることにした。
だいたいこの辺の海はトンビが多い。
トンビには、こちらもかなり警戒していた。
トンビは過去にもお弁当を持って行った極悪犯!!
しかし、トンビの姿は無くカラスとハトばかり。
私の周りをウロウロとはしているが、さすがにカラスもハトも人間の手から直接食べ物を奪う勇気はなさそうである。
ホッと一安心。これでゆっくりお弁当が食べられる。
まったり海を見ながらお弁当を食べていると、
やっぱり、今回も持ってかれた~!!
さっきまで居なかったはずのトンビが、いつの間に姿を現したんだろう。

さぁ!気を取り直して、アサリを採りましょう!
タオルを首にグルグル巻いて、帽子を深くかぶり、日焼け止めもバッチリ!
いざ出陣!!
d0160618_22132269.jpg

とにかくアサリ採取に神経を集中して、もくもくと砂を掘り起こしながら、しゃがむこと2時間。
売っているものよりはちょっと小ぶりだけど、いるはいるはアサリ。
なぜか、ハマグリまでいた!
d0160618_22165025.jpg

2~3kgの収穫はあったかな(量りにかけるのを忘れてしまった。残念。)
d0160618_2218142.jpg

アサリの模様はとっても個性豊かである。
うずらの卵みたいなトーンに、それぞれ微妙に柄がある。
似ているようで同じ柄のものは1つたりともいない。
どうやってこの模様が作られるのだろうとふと思う。

もちろん、今夜の夕飯は、味噌汁、酒蒸し、ハマグリの網焼きにしておいしく食べました。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-05-18 22:20 | お出かけ
<< マクロビオティック料理教室のご案内 鎌倉散歩 >>