<< コーヒーを飲みに… パスタランチと薪ストーブ >>

益子へ

先日、益子へ一人旅。
益子へは、実家から車で1時間20分くらい。
だ~れも予定が合わず、思い切って一人で行ってみることに。
starnetで開かれていた日野明子さんの「暮らしの道具展」がどーしても見たかったから。
とにかく、それ一心で、国道294号線をひたすら北上!
母の車にころがっていたカーペンタースを聞きながらの運転で。
益子へ近づくにつれて、だんだんと道は細くなり、本当にコレで益子に近づいているのかと不安になりながら。
だって、母の車にはカーナビが付いていないんですもの。
ネットからひっぱてきたstarnetの地図だけが唯一の頼り。
途中、踏切待ちの渋滞や、苺狩りの渋滞に。
益子といえども、あなどれません。最近は、本当に前より観光客が増えた気がします。
starnetに着いたら、すぐに山の食堂へ。
予想外の混雑、私の前に5組待ち。ランチはココと決めていたのに、自分一人のためにこんなに並ぶのはやだな~って思って、starnetのカフェで、ドーナツとコーヒー食べることにした。

d0160618_22261482.jpg


うん!ここで正解!!
コーヒーとしっかとした生地の黒糖ドーナツは、特に凝ったものではないけれど、本当においしかった!こういうシンプルなものほどおいしいって、本当にうれしい。
少しだけボっとしてから、而今禾見て、starnetのお店の中を散策。
かれこれ、一人で3時間いました!
こりゃ~、誰も連れてこなくてよかった。いい迷惑よね。
ゆーっくり、CD一枚ずつ視聴したり、小さな一輪ざしの花瓶の形の可愛さに立ち止まっていたり。
そして、何より、暮らしの道具展は本当に素敵でした!!
包丁やザル、しゃもじにフライパン、ひとつひとつの道具は、こだわりと意味をそれぞれ持っているって感じです。
新しいものだけが良いわけじゃない、性能やデザインが良いものだけが本当に良いものじゃない。
もっと本質を見てっと道具が訴えているようだったな。
きっと、古くなればなるほど、また大事にしたくなるものなのです。

夕陽に赤く染まった空を眺めながらの帰り道。
街の黒い影と夕陽に染まった赤のコントラスト、そのバランスもまた好きなもののひとつ。
[PR]
by chie-tsuka | 2011-01-19 22:41 | お出かけ
<< コーヒーを飲みに… パスタランチと薪ストーブ >>