カテゴリ:日々のつれづれ( 30 )

夕闇

d0160618_992549.jpg


たくさんの人に会いに行った帰りの道で。
夕暮れにその日の事をぼんやり思い出しながら運転していたら、素晴らしい眺めに出会いました。
陽は沈んでまた昇るんだ!
いろんな人にパワーをもらって、またエネルギーが湧いてきました。
[PR]
by chie-tsuka | 2011-01-09 09:18 | 日々のつれづれ

2011年明けました!!

あおけまして、おめでとうございます!!
今年のお正月は初めての挨拶回りにとお互いの実家を行ったり来たり、バタバタでした。

d0160618_23144376.jpg


京都・精進料理のお店「あじろ」のおせち。
すべてのものが植物性の材料のみで作られていて、とにかく、どれもこれも細工が凝っている。
重箱の上下隅々にパンパンに盛り込まれています。
肝心のお味はというと、京都ならではの素材の味や上品な出汁の味を生かしたお味でした。
お麩や高野豆腐、肉もどき好きの私は、そればかりを狙って食べてたっけ。
また、野菜の切り方ひとつひとつも細かく、亀や鶴に似せて切られていたり、大根、京にんじんを紅白の縄のように模したものなど、まさに職人技!!
感激しながら、ひとつひとつを味わいながらいただきました。
年明けに実家で贅沢なおせちをいただき、今年も良いことありそう・・・。
[PR]
by chie-tsuka | 2011-01-03 23:24 | 日々のつれづれ

年越しそば

我が家の年越しそば。

d0160618_22164872.jpg


父特製そば。
太くて短いけど、そばの香りかおるうまいそば!!
最後のお楽しみ、とろっとしたそばつゆもグー☆
このそばに、エビのてんぷら、タマネギのかき揚げ、もずくの天ぷら、もずく酢。
そばの薬味には、ネギと辛味大根。

二人で初めて過ごす年越し。
実家にいた時は、みんなでテーブル囲んで我先にと、もくもくとそばをすすっていたけれど、
二人だからゆっくりと味わっていただくことができました。
父に感謝!!
おいし~年越しそばでした。
いつか私も、そば、チャレンジしたいなぁ。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-12-31 22:20 | 日々のつれづれ

忘年会

テーブルの上にぎっしり並んだ料理たち。

d0160618_228144.jpg


うまそう!!
ふろふき大根&きのことむかごの炊き込みごはん、豆腐キッシュ、かぼちゃ入りけんちん汁、みやママ特製冬野菜のぬか漬け、麦味噌ピー、豆腐キッシュ、温野菜のバーニャカウダー風サラダ。
この後にデザートのチーズケーキ&ジンジャークッキーも付いて。
どれもこれも、甘みがあっておいし~!!
やっぱ家ごはんが一番!!

久しぶりに会った友人達とのガールズトーク。
お互いの今年一年の出来事話に盛り上がり、自分が一番平凡だった今年一年の生活に気づかされ。
なんだかつまらない気がしたけど、平凡こそきっと幸せなことなのだろうと思う。
外は冷蔵庫(3℃)のように寒かった地元。
でも心はホッカホカなのでした~。
また会いましょうね。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-12-31 22:14 | 日々のつれづれ

一人カフェ

ここのところ、ずーっとずーっと考え悩む日々が続いた。
たくさんのエネルギーと労力を使ったわりには、悩みの解決にはまったく繋がらず、どんどん悪化していくばかり。
こんなにも自分の思う通りにならないのは初めてとばかりに、物事がうまくいいかない。
なぜ、どうにもならないんだろうという苦しみ。
でも、このまま放っておくわけには行かない。
ますます、自分の思いから遠のいてしまう。

さすがに悩み疲れ、心の余裕も無くなって、もう、投げ出したくなった。
楽しい計画を考えているところだったのに。
考えることが楽しいハズが、もうストレスに・・・。

そんな時、一人でカフェに出かけたことを思い出した。

d0160618_21345987.jpg


4人がけのソファーを独り占め。
燦燦と窓からは光が入り、深くソファーに腰を埋めて、あっつーいチャイをちょっとずつ味わう。
自分の好みの雑誌を手に取り、楽しさだけを想像しながら、自分のためだけに時間を使う。
あ~なんて、幸せ。

こういう苦しい時にこそ、ちょっと立ち止まってゆっくりする時間を作ろう。
周りのしがらみから、自分を解いてあげよう。
また一人お茶しに出かけよ~っと。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-12-08 21:44 | 日々のつれづれ

平和

d0160618_21411933.jpg


日が当たる椅子の上で、まんまるくなって寝ている猫、タオ。
耳を近づけると、ヒーヒーと寝息が聞こえそう・・・
なんだか、温かい気持ちになりました。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-11-23 21:43 | 日々のつれづれ

ある日のランチ

みんなでランチにおいしいものを作りました。

d0160618_21462534.jpg


カブのホワイトポタージュ、キャロットラペ、マッシュルームの和風サンド。

d0160618_2251247.jpg


にこちゃん。

d0160618_2234110.jpg


ポタージュは、じっくり野菜を炒めて甘味を引き出す。キャロットラペはみかん果汁でほんのり甘さを。サンドのマッシュルームには柚子コショウと味噌がポイント、そしてきのこをブリブリの食感に。
ぜ~んぶ、動物性、乳製品、卵無し!!
安心して食べることができます。
そのお味は・・・
といったら、バッチグ~!!
ダイレクトに野菜のやさしい甘さや香りが口の中に広がります。
こんな食事を続けていると、だんだん味覚が洗練されてきて、今まで食べていたものの味は何だったのでしょう。
本当の素材の味わいが調味料やあぶらの味に負けてしまって、ホトンド感じることができませんでした。
今まで食べていた料理の味は、調味料とあぶらの味だったといっても過言ではありません。
そして、今となっては、我が家では、味噌汁にもあの粉末は使いませーん!!
味覚は食生活を変えれば、繊細になるものです。
この食生活をし始めて、劇的に変わったーと思えるもののひとつ。
そして、お楽しみのデザート。

d0160618_2154563.jpg


ガトーショコラいちじくのワイン煮のせ。
といってもノンオイル、ノンシュガー。
しっかりと濃厚な満足感のあるガトーショコラでした。
たくさん食べたけど、胃が重たくならないのが嬉しい。

丁寧に作った料理は、やっぱり、心も含めて体中に染み渡ります。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-10-31 22:00 | 日々のつれづれ

ミツバチの羽音と地球の回転

台風の嵐の中、どうしても見たかった映画『ミツバチの羽音と地球の回転』を見てきました。
※これから見ようと思っている方で、内容が知りたくない人は読まないでね。

d0160618_23562525.jpg


持続可能な生活とは、一体なんでしょうか。
瀬戸内海に浮かぶ祝島では、28年間もの間、湾を埋め立ててしまう原発建設計画と戦い続けています。

1000年続いてきた暮らしや文化、生態系の宝庫である海が、この原発建設で壊されてしまう危機に瀕しています。
漁業や農業などの第一次産業で生計を立てる島民の人々は高齢化が進んでいて、平均年齢75歳ですがそれでも戦っています。

祝島の人達はこの島を自分の子供、孫、その先まで残していきたいと心から願っています。
祝島に住もうが住まないかは、その子達の自由。だけど、その環境を残す義務があると考えています。
それに対して一方的な中国電力との抗争の中では厳しい場面が度々あり、自然と涙がスーっとこぼれるシーンがたくさんありました。

このように誰かや環境を犠牲にしてエネルギーを作る日本に対して、持続可能なエネルギー供給を実現しようとしているスウェーデン。
国民投票で脱原発が決まり、省エネ住宅、自然エネルギーの開発を進めるスウェーデンは、電力を選んで購入することができる。

一方、日本は電力会社から当たり前のように、電力を買います。
その当たり前に慣れてしまい、一人一人がしっかりとエネルギー問題について考える機会を失っています。

大都市では地方でこんな問題がおきてることも知らず、夜でもキラキラ明るい街に地方の原発から電気が送られている。
長く続いた暮らしや文化、生態系の宝庫である海を壊したところから送られてくる電気を何も考えずに使い続けていいのでしょうか?

目先の利益にとらわれず、住める地球を残してあげるために、一人一人に考えて欲しいと思います。
電気を使うことが必ずしも反対とは思わないけれど、エコがトレンドのようになっている日本、CO2削減と叫ばれるなか、本当に電気自動車、オール電化生活はいいものなのか。
エコカー減税やエコポイントも本当にいいものなのか?それって本当にエコなことなの?
エコバックを持っている、ただそれだけで“エコしてます”って誇らしげに思っていいの?

ただ、一方的に偉そうなことをツラツラと書いてしまい、何が言いたいのか文章にするのが難しいけれど、とにかくこの映画をたくさんの人に見て欲しいと思います。
賛成でも反対でも、事実を知った上でどう思うか一人一人に判断してほしい、一人一人に考えてほしい。
一人一人が考えることによって、このような日本の環境社会を変えることもできるのでは。
地球は人間だけのものではなく、たくさんの動物もそこにはいる。
その地球上で、意思表示や選択ができるのは人間だけなのですから。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-10-30 23:58 | 日々のつれづれ

ヨガ後のスイーツ

昨日のおやつ。

d0160618_23392410.jpg


ローフード代表のスイーツ。チョコレートトリュフ。
生のままの、アーモンドやカシューナッツ、デーツをココアパウダーと一緒に丸めて。
ヨガ後の透明感のある体に、やさしい甘さがスーッと吸収されるよう。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-10-25 23:41 | 日々のつれづれ

バースデー

朝から金縛りのような気だるさと怖い夢を見て目が覚めた。
20代最後の年の幕開けは、「要注意だぞ!」と何かを私に教えてくれるようにも感じた。

それにしても、今日は良いお天気だった。
スカーっと底なしの青空と時々うろこ雲の空。
それと、どこからともなく香るあの花は、キンモクセイ!!
やっぱり、自分の生まれた季節は最高に心地がよい。

思えば20代って学生から社会人になる世代でもあり、学生の頃は毎日が嘘みたいに気を使わず、力を抜いて、自分が選んだ気心合う友達とだけ毎日過ごせばよかったけれど、社会人になってその生活も一変。
気の合わない人達ともうまく毎日を過ごさなければならないし、やりたくないことだっけやらなければならない。
なんだか、自分の感情を素直に表現することができる休日以外の平日は、毎日が巨大工場作業のように、ベルトコンベアーに乗せて流して過ごしてきた。
どうせ、同じ時間を過ごすんだったら、少しでも楽しく過ごした方が人生得なハズなのに、それができなかった。
けれど、今日からの20代最後の1年間くらいは、今までの生活の日々の代償を取り返すつもりで、とにかく毎日を少しでも楽しく過ごせるように工夫しよう。

環境を変えることができなかったら、それを楽しく思えるよう工夫で乗り越えるしかないじゃない?
それが、今年の課題です。

d0160618_23151468.jpg

[PR]
by chie-tsuka | 2010-10-07 23:20 | 日々のつれづれ