カテゴリ:日々のつれづれ( 30 )

一日の終わりに

コーヒー一杯。

d0160618_22242240.jpg


夜にコーヒーだなんて、目が覚めそうだけど。
現実から少し遠ざかって、ボーッと何も考えない頭をゆるます時間を大切にしている。
時には、コーヒーが紅茶になったり、日本茶になったり、梅ジュースになることも。
なんせ、毎日毎日、時間と現実に追われ、拘束される日々だから、正直、頭も体も疲れちゃう・・・
お湯を沸かして、丁寧にコーヒーを落とし、静かに、好きな音楽を聴きながら、心も体も頭も、日常のしがらみから解き放ち、。
二人のときは、一日の出来事を話したり、読み物にふけったり、同じ時間を共有しながら、思い思いにそれぞれの時を過ごします。
忙しくて毎日は無理だけど、できる限りこの時間を作ろうと思う。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-09-30 22:33 | 日々のつれづれ

まんまる

月!!

d0160618_23165726.jpg


今夜は十五夜!!
[PR]
by chie-tsuka | 2010-09-22 23:17 | 日々のつれづれ

トイレット見ました~


d0160618_2110487.jpg

トイレット。
荻上さんの作品は、特に見ごたえのある大きな山があるわけでもなく、
でも、なんかほんわりと心が温かくなる映画なのです。
衣装や部屋の模様、お料理、すべてがかわいらしいのも好き。
そして、クスっと少々笑えるのもいい!
この良さはきっと男子にはわからないかも。

コレは絶対に映画館で見るのがオススメです。
DVDだと退屈してしまう恐れアリ!

餃子が食べたくなりました。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-09-21 21:09 | 日々のつれづれ

自分のものさし

今日は、久しぶりにお勉強に行きました。
オーガニックのこと、伝統製法で作られた調味料のこと、環境のこと。
情報が溢れすぎている世の中、みんなどういう基準で食べ物を選んでいるのか。
そしてその選んだものは、本当に本物(ちゃんとした製法で作られているもの)なのか。
この2000年もの長~い時代の中でのほんの少し、ここ数十年で冷蔵庫や電子レンジ、インスタントなどの簡単便利お手軽食品、ファーストフード、コンビニが出現。
すべてが一概に悪いと決め付けることはできないけれど、驚くような事実もありました。
身をもって今、実験中の私達。
お肉や、牛乳、卵が一年中お店に並べられることができる理由。
そして、便利で簡単なことがそんなにいいものなのか。
私達は便利食品を使って生み出された時間を本当に有効に使っているだろうか。
だったら、料理にもっと手間ヒマをかけてもいいんじゃない。
たくさんいろんな話しをしました。

d0160618_20345233.jpg


物があり溢れている時代だからこそ、自分のものさしをきちんと持っていなければならないのです。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-09-14 20:50 | 日々のつれづれ

○○の秋2

ずっと行きたかったトムネコゴの古本市。
最終日の今日、閉店20分前に滑り込み。
なかなか本を読む時間が無いのが現実だけど、よくばって3冊も連れて帰りました。

d0160618_20521261.jpg


「時間どろぼうと ぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子のふしぎな物語」っていう見出しに、ハートをくすぐられたモモ。おもしろそう!これは即決!!
村上春樹は大好きな作家。
活字嫌いだった私に読書の楽しさを教えてくれた人。
カフカはあまりにも長すぎて、読むことにいつも躊躇してずっと買えずいたけれど(IQ84はなぜか読んでいる)、古本でお手ごろだしー、今読めなくても置いときゃいつか読むでしょう!!って勢いで。
静かな秋の夜長に、布団に寝そべってゆっくり読みたいな~。
ってそんなのきっと無理ですが、満員電車で読みますよ!!
[PR]
by chie-tsuka | 2010-08-29 21:10 | 日々のつれづれ

色とりどり

d0160618_827946.jpg


黄金桃、白桃、幸水。
父が手塩にかけた桃と梨。
甘くてジューシーでうまいのです!!
皮を剥いてるそばから、果汁がぽたぽたとたれるほど。
朝から二人でかぶりつきます!
ありがたい!!
ごちそさま~
[PR]
by chie-tsuka | 2010-08-28 08:31 | 日々のつれづれ

夏の終わりに近づく

夜の海岸で煌々と灯りがともる海の家。
どこから来たのか、たくさんの人達がここに集い、奄美地方の島唄唄者朝崎郁恵さんの歌声に酔いしれた。
自分が日中、都会のど真ん中に居たことも忘れてしまうくらいに、ココは非現実的な場所に思えた。

d0160618_226302.jpg


葉山にあるBlue Moonという海の家。
沖縄の島唄は聴いたことがあったけど、奄美地方の島唄も、どこか哀愁漂うちょっと切ない唄に聴こえる。
あとちょっとで終わってしまう、終わりかけの夏のよう。

d0160618_22121066.jpg


すっかり夜空は秋めいて、波の音と虫の音がさみしく聴こえた。
でも、また陽が昇ったら、忘れちゃうんだろな。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-08-27 22:17 | 日々のつれづれ

夏~い!暑~い!

今日の由比ガ浜。

d0160618_2133635.jpg


岸辺にビッシリとこびり付く、すっごい人とパラソルの数、そして海の家。
水より、人の面積の方が多く、芋洗い状態。
なんだか、人肌で海水も温まりそう。
それを横目に私は、灼熱の車内に監禁され、
激しい渋滞に巻き込まれ、ニッチもサッチもいきません。
とにかく、待って、待って、待って、前に進まない限り抜け出す手立てが無い湘南の海岸沿い。
どこを遮っても、容赦なく車内に夏の太陽光線が降り注ぎ、冷房が間に合わない状態。
そんなら自然のクラーでと思って窓を開けるが、モワッとあったまった空気の塊が車内へ流れ込む。
目的地に辿りつくまでのこの道のり。
これだけで、体力消耗の一日となりました。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-08-22 21:40 | 日々のつれづれ

不思議な花

散歩をしていたら、塀に見たこともない花が咲いていた。

d0160618_753853.jpg


花にうとい私。名前がわからない。
大の字にも見えるが、両手両足、頭にサーフボードをくっつけて、大きく腕を振りながらどこかに歩いていく人。
いやいや、風車にタケコプターがくっついて、強力な回転で今にも遠くに飛んでいきそう。
いやいや、後ろ向きになって背中から大の字に海に飛び込み波しぶきをあげる人。
ここで立ち止まっていたら、時間を忘れてしまいそうなので、割り切って歩き出しました。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-08-15 07:27 | 日々のつれづれ

夏と言えば・・・

そう、海!!

d0160618_14264074.jpg


といっても、海は眺める以外に縁が無かった私。
せっかく海辺に住んでいるんだし、この夏初めてサーフィンを体験。
押しては寄せて返す波。
初体験の私は、思い描くサーフィンの姿にはまったく手が届かず、自然の力になす術もなく、波のペースに自分が持っていかれてしまう。
波に乗るというわけではなく、波に乗せていただくという感じ。
波待ちをする準備さえさせてくれず、波は容赦なく私に振りかかってくる。
その中で、タイミング良く来てくれた波に乗せてもらう。
波に乗っても、次に腹ばいになっている体勢から、ボードの上に立ち上がるのが難しい。
バランスは悪いは、ボードは滑るは、もう大変。
自分の体の重さや動きの鈍さ。すべてが響く。
立ち上がれた時のボードの上から水面を見下ろす気分は最高だけど、それは5回に1回だけ。
ん~、、、とっても悔しい。
サーフショップのマスターは、「毎回波の雰囲気は違うし、こんなに難しいスポーツは無い!だから、面白いんだ!」と話していた。
ここで、面白いと思えるか、自分には向いていないからやめようと思うかは自分次第。
自然相手のスポーツ。私は、もう何回か挑戦して考えてみようと思う。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-08-01 14:45 | 日々のつれづれ