<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

夏カレー

明日のお弁当。

d0160618_21504098.jpg


夏カレー弁当。
トマトとタマネギベースのベジカレー&ターメリックライスに夏野菜(ズッキーニ、ナス、Bigししとう、かぼちゃ、ミニトマト)ソテーをのせて。
付け合せは自家製ピクルス。
平日の楽しみといったら、コレ(昼ごはん)しか無いから^^;
月曜日のおべんとは、いつもより一手間かけて!!気合の入ったおべんと。
また一週間頑張ります!
[PR]
by chie-tsuka | 2010-07-25 21:54 | 料理

夏野菜のピクルス

今年は、初めてピクルスを作ってみた。

d0160618_2064929.jpg


ピクルス液は、米酢と水、てんさい糖、塩、ローリエ、粒こしょう、赤唐辛子、にんにくを混ぜ合わせ、沸騰させたもの。
ココに、あちらこちらからのいただきものの夏野菜を漬け込んだけ。
定番のきゅうり、にんじん、たまねぎ、ミニトマト、セロリ。
なんて簡単なんだろ~。
翌日以降から食べられ、テレビを見ながら、本を読みながら、料理をしながら、小腹が空いた時など手づかみでそのままポリポリいけちゃうのが、素晴らしい。
市販のピクルスは野菜が軟らかかったり、香りがヘンだったり、がっかりすることが多いので、買うことなんてほとんどなかった。
ピクルスは嫌いなものだと思い込んでいた。
余った夏野菜で作ってみたらおいしいじゃ~んと大発見!!
お気に入りは、たまねぎです。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-07-21 20:18 | 料理

2010夏②-台湾母娘3人の旅

7月中旬、母娘3人で台湾に出かけた。
d0160618_2051775.jpg

私は台湾2回目。母と姉は初めて!
台湾到着初日は、素食に始まりました。
台湾は精進料理(=素食)天国。
いたるところに「素食」と書かれた看板がある。
着いた日の夕飯は、素食をいただくことにした。
ところ狭しとならんだ料理から好きなものをピックアップし、紙皿に好きなだけ盛って、量り売りスタイルのお店で。
d0160618_205124100.jpg

d0160618_20514010.jpg

漬物、昆布の煮たの、チャーハン、餃子、焼きそば、青菜炒め、大根餅、豆腐の燻製や豆腐を使った肉もどき料理、湯葉、海苔巻き寿司、生春巻き、スープetc...
食べてみると何となく何で作られたかは、わかるけど料理名がわからないものばかり。
わかりずらいですが、写真から連想してみてください。
お味の方は、油は多めだけれどなかなかの美味。中華料理のよう。
でも八角やパクチーのようなちょっとしたクセのある香りがするものもあり、好き嫌いがハッキリするものもある。そして、ピーナッツの砕いたものがよく料理に入っていた。
肉好きもきっと満足するだろう。
もともと肉嫌いの姉は、肉に見立てた料理より、シンプルに素材の味を生かした野菜炒めやスープなどがおいしいと言っていた。
なるほど~。
きっと、台湾の人は食べ物に対する執着(こだわり)がひとしきり強いのであろう。
だから、ベジだけでお肉と間違えるような料理を作ったり、こんなにバラエティーに富んだあらゆる料理が思いつくのであろう。ケーキや点心まであるお店もあるらしい。

翌朝、外に出てみると、出店を発見。
d0160618_2105484.jpg

左が豆花といって、冷たい豆腐に甘いシロップ、茹でピーナッツが入ったOLに人気の朝ごはん屋。右はパン屋さん。
d0160618_2151450.jpg

豆花と麺線を朝ごはんにいただいてみた。
麺線は、そうめんのような細い麺にかつお出汁のきいた熱々の餡がかかっている食べ物。台湾の人はトッピングにパクチーと豚の内臓モツをかけて食べるらしい。私はそれはパス。パクチーと辛いタレをかけてもらう。
とろりとした餡が麺に絡みつき、とっても熱いけれど、これは日本人が好きな味。
暑いところでコレを食べるのがとっても不思議だけれど、本当においしい。
今度日本に帰ったら、コレを作ってみよう!
そしてもう一つ気になったのが、こちらのお店。
d0160618_21113861.jpg

読んで字の如く。
早餐(朝食)、清いおかゆ(白粥)にちょこっと青菜(小菜)の炒めやおかずを食べる。たぶん、こういうことが言いたいのかな。
白粥にビュッフェスタイルでちょっとした野菜の炒めや卵炒めのようなおかずをとって、最後に精算するシステム。そして店の周りに並んだテーブルで食べる。
この店は朝6時には開いていたけれど、おそらくお昼頃には、閉まっていただろう。
タクシーの運転手から、近所のおじさん、サラリーマン、髪の長い素敵な女性、子供達が食べにきていた。
台湾の人は、朝は外食という人がけっこう多いらしい。
日本だと、朝食に外食となればなかなか手作りのものを食べるチャンスは、少ない。
こういう家庭的なお店が日本にもたくさんあったらなぁ。

さてさて、長くなってきたので、今日はここまで。つづきはまた今度。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-07-20 21:25 | お出かけ

2010夏①-夏フェス!&再会!

7月の三連休、静岡・掛川につま恋で開催されたap bank fes に出かけた。
初日は、ライブ!
d0160618_17335372.jpg

あっつ~い炎天下の中、繰り広げられる様々なアーティストのステージ。
特に好きな歌手もいない私だけど、ゆたかな自然の中でどこまでも大きく遠くまで響く音と暑さ、熱狂に身をゆだね、夏を満喫!熱いエネルギーをもらう。
案外知らない曲ばかりでも、十分に楽しめた。
生でアーティストのトークが聞けるのもお楽しみ。親近感が湧いてきた。
きっと明日から、テレビで見かけるアーティスト達の印象は大きく変わるだろう。

2日目、掛川の親友Cちゃんとap bank fesへ。
ライブ以外にも、様々なお店が出店していてお店巡りをすることに。
身や環境にやさしい活動に取り組む団体の展示や、環境にやさしい雑貨やフェアトレードのお店、オーガニックフードのお店がたくさん出店している。
ここで、興味のあった古布を編みこんだぞうり作りを体験。
あっつ~いテントの中で、外から聴こえるミスチルの音楽をBGMに地元のおばちゃんに教えてもらう。
ぞうりの話はもちろん、静岡茶の話、掛川の話、そして恋の話で盛り上がったり。
いくつになっても、青春!女は女心・恋心を忘れません!素敵!
そして、汗だくになりながら約1時間。
やっと、ぞうりが完成!!
私はピンクと茶色の組み合わせが好きなので、コレ。
d0160618_1747332.jpg

Cちゃんのはコチラ。Cちゃんらしいポップな色合い。
d0160618_18224896.jpg

二人とも似たような色を選んでいたのね。やっぱり通じるものがある!
Cちゃんといろんな話をいっぱいしながら、かわいい雑貨のお店を巡った。
ap bankに出店するお店は、どれも興味のあるものばかり。
一軒一軒集中して、丁寧にお店を見回ります。
サンダルを作ってもらった鎌倉のお店も出店しています。
そのときの様子はコチラ。

Cちゃんは夕飯には、めずらしい静岡限定「さわやか」というレストランに連れて行ってくれた。
ここは、炭火焼のハンバーグがおいしいらしい。
「さわやか」は、静岡の人なら誰でも知っているファミリーレストラン。
Cちゃんも子供の頃から、家族とよく行っているみたい。
久しぶりのお肉。それもハンバーグ。
d0160618_1759981.jpg

感謝の気持ちを忘れずによく噛んでいただきました。
ん~、、、Cちゃんもこの味で育ったのね。とってもおいしかったよ。
Cちゃんとは、大学時代からの友達。
家も近かったので、いつも一緒に過ごし、いろんな体験、話をした。
そしてこの日も、時間を忘れて、昔の話、今の話、そしてこれからの話。
この日もたくさんの話をした。
お互い普段は必要最低限、連絡もろくに取り合わず、それぞれの地でそれぞれの時間を過ごしているけれど、会ったらすぐに自然に話ができたことはとっても嬉しかった。
時間を忘れ、夢中で話をし、待っているお客さんでいっぱいのレストランの人にも迷惑がられる。
やっぱり気心の知れた友達は良いものです。
別れてしまうのが本当に寂しかった。

そして、apバンクではTシャツを買いました。
ピンクのハートの中にいろんなものが詰まっているTシャツ。愛と平和を感じるデザイン。
表↓
d0160618_1862665.jpg

裏↓
d0160618_1865833.jpg

海辺の民宿に泊まり、夏フェス、親友との再会。
2日間はあっという間に終わり、また明日から普段の私に戻ります。
楽しい時間が過ぎると、なんだか切ない気持ちになります。
夏の夕暮れもなんだか寂しいよね。。。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-07-19 18:08 | お出かけ

心と体を癒す食養

7月10日。地和子マクロビオティッククッキングスクールにて久しぶりのインストラクターコース。最終回。
d0160618_1552570.jpg

そして、松本光司先生の授業。
d0160618_152385.jpg

どこか凛としていて料理することに集中し、必要なこと以外は口にせず、静かに手際良く料理をする姿はとってもキレイ。見とれてしまう。
基本的な包丁の使い方から、切り方の技術や味付け。
そして、何よりも大きかったのは、料理に対する姿勢を学んだ。
ガサツに忙しなく、嵐のように料理をする私の胸に大きく響きます。
穏やかでゆったりとした心で作った料理は、とってもおいしく感動した。
そして、食べる人の気持ちを考えて料理を作ること。この日学んだことは、舌が忘れない。
キレイな心で作る料理は、人に本当の感動をくれる。
これをきっかけに、私も料理をする姿勢をちょっと考えてみようと思う。

メインのアボカド寿司、雑穀とカボチャのコロッケ、一夜漬け。
d0160618_15111249.jpg

こっくりとまろやかでトロよりおいしいアボカド寿司。ほわほわでとろっとしたの食感のカボチャコロッケはほんのりと甘みがあり優しい味わい。

野菜と豆乳の2層からなる色紙豆腐。
d0160618_1515599.jpg

オクラとパプリカのカラフルな色が元気いっぱい。出汁をかけていただきます。

ひじきと豆腐の白和え。
d0160618_15184957.jpg

練りゴマが隠し味。コックリした味わい。

そばがきのおすまし。
d0160618_15382965.jpg

なめらかでクリーミィーなそばがきに、塩だけで味付けした繊細な味わいの出汁。それはもうプロの味。

d0160618_1521301.jpg

久しぶりの教室ともあって、また新鮮な空気をもらい、また明日からの糧にしよう。エネルギーチャージ。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-07-19 15:30 | 料理

元町

横浜・元町、洋館巡りに出かけた。

d0160618_232324100.jpg


当時の様子がリアルにうかがえる。

d0160618_2324615.jpg


ここに流れる空気もなんとなく重たく、今にも伯爵やご婦人方が姿を現しそう。
きっと秩序ある生活をしていたのでしょう。
頭を少し、日常の世界と切り離したい人には、おすすめの場所。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-07-09 23:22 | お出かけ

ひとつからみっつ

一つの生地から三つのパンが焼きあがった。

d0160618_23135753.jpg


「蒸し」に「焼き」に「ベーグル」。
生地が黄色いのは、かぼちゃのせい。
どれもみんな違う食感に違う味わい。
人もこれぐらい幅がなくっちゃね!
[PR]
by chie-tsuka | 2010-07-09 23:15 | 料理

休憩

梅雨の晴れ間。

d0160618_2394277.jpg


みなさん、、、時には休憩も必要ですよ~!

ちょっとそこまで出かけてきまーす。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-07-09 23:09 | 思うこと

YOGA & Macrobiotics workshop vol.2

先日のYOGA & Macrobiotics workshop vol.2にご参加のみなさま、
ありがとうございました!
1回目よりは、多少リラックスした気持ちで臨めましたが、
毎回私もホント、、勉強になります!

d0160618_22231950.jpg


お料理のミネストローネ、手作り天然酵母パン、甘夏マーマレード、ひよこ豆コロッケ、ピクルス、甘夏ゼリーもみなさまに喜んでいただき、嬉しいかぎりです。
また、さらに充実した workshopが開けるよう、精進してまいります!
[PR]
by chie-tsuka | 2010-07-05 22:26 | ワークショップ