<   2010年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ある日のランチ

みんなでランチにおいしいものを作りました。

d0160618_21462534.jpg


カブのホワイトポタージュ、キャロットラペ、マッシュルームの和風サンド。

d0160618_2251247.jpg


にこちゃん。

d0160618_2234110.jpg


ポタージュは、じっくり野菜を炒めて甘味を引き出す。キャロットラペはみかん果汁でほんのり甘さを。サンドのマッシュルームには柚子コショウと味噌がポイント、そしてきのこをブリブリの食感に。
ぜ~んぶ、動物性、乳製品、卵無し!!
安心して食べることができます。
そのお味は・・・
といったら、バッチグ~!!
ダイレクトに野菜のやさしい甘さや香りが口の中に広がります。
こんな食事を続けていると、だんだん味覚が洗練されてきて、今まで食べていたものの味は何だったのでしょう。
本当の素材の味わいが調味料やあぶらの味に負けてしまって、ホトンド感じることができませんでした。
今まで食べていた料理の味は、調味料とあぶらの味だったといっても過言ではありません。
そして、今となっては、我が家では、味噌汁にもあの粉末は使いませーん!!
味覚は食生活を変えれば、繊細になるものです。
この食生活をし始めて、劇的に変わったーと思えるもののひとつ。
そして、お楽しみのデザート。

d0160618_2154563.jpg


ガトーショコラいちじくのワイン煮のせ。
といってもノンオイル、ノンシュガー。
しっかりと濃厚な満足感のあるガトーショコラでした。
たくさん食べたけど、胃が重たくならないのが嬉しい。

丁寧に作った料理は、やっぱり、心も含めて体中に染み渡ります。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-10-31 22:00 | 日々のつれづれ

ミツバチの羽音と地球の回転

台風の嵐の中、どうしても見たかった映画『ミツバチの羽音と地球の回転』を見てきました。
※これから見ようと思っている方で、内容が知りたくない人は読まないでね。

d0160618_23562525.jpg


持続可能な生活とは、一体なんでしょうか。
瀬戸内海に浮かぶ祝島では、28年間もの間、湾を埋め立ててしまう原発建設計画と戦い続けています。

1000年続いてきた暮らしや文化、生態系の宝庫である海が、この原発建設で壊されてしまう危機に瀕しています。
漁業や農業などの第一次産業で生計を立てる島民の人々は高齢化が進んでいて、平均年齢75歳ですがそれでも戦っています。

祝島の人達はこの島を自分の子供、孫、その先まで残していきたいと心から願っています。
祝島に住もうが住まないかは、その子達の自由。だけど、その環境を残す義務があると考えています。
それに対して一方的な中国電力との抗争の中では厳しい場面が度々あり、自然と涙がスーっとこぼれるシーンがたくさんありました。

このように誰かや環境を犠牲にしてエネルギーを作る日本に対して、持続可能なエネルギー供給を実現しようとしているスウェーデン。
国民投票で脱原発が決まり、省エネ住宅、自然エネルギーの開発を進めるスウェーデンは、電力を選んで購入することができる。

一方、日本は電力会社から当たり前のように、電力を買います。
その当たり前に慣れてしまい、一人一人がしっかりとエネルギー問題について考える機会を失っています。

大都市では地方でこんな問題がおきてることも知らず、夜でもキラキラ明るい街に地方の原発から電気が送られている。
長く続いた暮らしや文化、生態系の宝庫である海を壊したところから送られてくる電気を何も考えずに使い続けていいのでしょうか?

目先の利益にとらわれず、住める地球を残してあげるために、一人一人に考えて欲しいと思います。
電気を使うことが必ずしも反対とは思わないけれど、エコがトレンドのようになっている日本、CO2削減と叫ばれるなか、本当に電気自動車、オール電化生活はいいものなのか。
エコカー減税やエコポイントも本当にいいものなのか?それって本当にエコなことなの?
エコバックを持っている、ただそれだけで“エコしてます”って誇らしげに思っていいの?

ただ、一方的に偉そうなことをツラツラと書いてしまい、何が言いたいのか文章にするのが難しいけれど、とにかくこの映画をたくさんの人に見て欲しいと思います。
賛成でも反対でも、事実を知った上でどう思うか一人一人に判断してほしい、一人一人に考えてほしい。
一人一人が考えることによって、このような日本の環境社会を変えることもできるのでは。
地球は人間だけのものではなく、たくさんの動物もそこにはいる。
その地球上で、意思表示や選択ができるのは人間だけなのですから。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-10-30 23:58 | 日々のつれづれ

那須のパン

先日の那須旅行、素敵なパン屋さんに行きました!!

d0160618_236618.jpg


『BROWN MOUNTAIN BAKERY』ブラウン・マウンテン・ベーカリー
那須にパン屋さんはたくさんあるけれど、ココのはちょっと違う。
おにぎりにも負けないようなパンをコンセプトに、どれもこれも力強いパンが売っています。
国産小麦、天然酵母にこだわったパンは、食べると粉の味をしっかりと感じることができて、
丁寧に仕事をされているんだな~とパンの様子からもわかります。
ささっと食べるパンではなく、じっくりと噛みしめながら食べたいパン。
素敵なご夫婦のやられている、飾らないかわいらしさのあるパン屋さんでした。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-10-30 23:08 | お出かけ

ヨガ後のスイーツ

昨日のおやつ。

d0160618_23392410.jpg


ローフード代表のスイーツ。チョコレートトリュフ。
生のままの、アーモンドやカシューナッツ、デーツをココアパウダーと一緒に丸めて。
ヨガ後の透明感のある体に、やさしい甘さがスーッと吸収されるよう。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-10-25 23:41 | 日々のつれづれ

非電化工房の発明品

那須の旅の続き。
非電化工房の発明品たち。
籾殻(もみがら)ハウス。

d0160618_21325218.jpg


お米の籾殻を断熱材として壁に使用している。
どことなく、私のイメージでは、イタリアのアルベロベッロの雰囲気に似ているような。
ちょっと、説明が難しいので
コレを参照に→http://www.hidenka.net/momigara/struture.htm
このハウス、夏はひんやり、冬は暖かく、そんな工夫がされているのです。

非電化工房は、主宰の藤村さんが、とにかく非電化で生活できる発明品や暮らし方の提案をして、
自分を例にどんどん真似てもらいたいとおっしゃっていました。
エネルギーが急速に電気に変わってきているけれど、本当にコレでいいのか。
その電気は、どこで作られるの?!
うまく言葉では言い表せないけれど、地球の環境についてずーっと先のことまで考えている方です。
目先の利益にとらわれず、本当に先のことまでも。
ここには、また、出かけるつもりです。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-10-24 21:43 | お出かけ

好物その一

休日の朝ごはんは、ちょっと手の込んだものを。
その中でも、好物のパンケーキ!!

d0160618_2193595.jpg


たっぷりのメープルシロップが、噛んだらジュワッと染み出るくらいかけて食べるのがお気に入り。
でも、ほどほどにね。
作り方はとっても簡単!!
全粒粉と地粉、BP、塩の粉物ドライと、
リンゴジュース、メープル、なたね油、豆乳、バニラエッセンスのウェットグループを混ぜるだけ。
コレを知るまでは、いちいちホットケーキミックスなるホットケーキの素を買ってたっけ。
わざわざホットケーキ用に揃える材料じゃないもので、気軽に作れるのがコレのいいとこ。
それでも、ふっくらしっとりと仕上がるのです。
朝から笑顔になれる、朝ごはんです。



d0160618_211958100.jpg

[PR]
by chie-tsuka | 2010-10-24 21:15 | 料理

最高!サンセットヨガ!!

今日は、かなえさん達と江ノ島でサンセットヨガ!!
途中でともちゃんも加わって。

d0160618_0145247.jpg


ニーマル先生はとても気さくで、さすが、、、とっても体のしなやかな方でした~
江ノ島の灯台下で!
青空の下、太陽、大地、そして海のエネルギーを全身で感じて!!
初めてチャレンジした太陽礼拝、気持ちよかったー!!
視界に飛び込んでくる、底なしの青空は感激でした。
そして、満月の下、裸足でのdancing☆
頭ん中、心ん中、すべて丸裸にして!
自由に身をまかせ、何でもアリのフリースタイル。
遠くにぼんやりと臨む満月と、ライトアップされた灯台はなんとも幻想的で。
ノリノリのまま、帰路に。

d0160618_020622.jpg


久しぶりの江ノ島と、そして小田急線。
はしゃぎまくった一日でした。
ふくらはぎの筋肉痛が、心地よいです。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-10-24 00:27 | お出かけ

那須のメイン

非電化工房の見学が、那須の一番の目的!!

d0160618_21532593.jpg


非電化工房とは、電気を使わない生活の提案。
100%非電化は今の時代無理だけど、できるだけ電気を使わない生活をしてみようというのがコンセプト。
広大な敷地には、主宰の藤村さんの提案するバイオトイレ、籾殻でできた籾殻ハウス、お風呂など様々なものがあります。
藤村さんは、発明家。
電気の代用エネルギーとして自然の力を利用して、あらゆるものを発明されています。
この続きは、次回また。。。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-10-18 21:58 | お出かけ

那須のおやつ

せっかく那須に来たからには、やっぱりアレが食べたい。
ココだったらいいかなと思い、訪れたのが森林の牧場。
そう、ここのソフトクリームがお目当て!
普段、牛乳をほとんど飲まない私が、ココだったら良いかと思った理由。
①365日24時間自然放牧
②ノンホモジナイズ
③森林酪農
ノンホモジナイズとは、ホモジナイズをしていないこと。つまり、絞りたてのミルクを静置しておくと、上のほうにクリームの層ができてくる、コレが脂肪球。普通のミルクは、たいていホモジナイズの処理がされ、この脂肪球を粉々にし、ミルクに層が現れないよう均一化する工程がある。このホモジナイズを行えば、ミルクの高温殺菌大量生産が出来て作業の効率はUPするけど、脂肪の膜に保護されていたタンパク質などが急速に体に吸収されるので、おなかを壊したり、アレルギーの原因になることも。ちょっと自然なことではない。
森林酪農とは、森林に牛を放ち、うっそうと茂った下草を食べ地をならしてもらって、森林の健康を守る酪農。健康な森林は、土砂災害を防いだり、川の水を生み出し様々な生き物を育んだり、きれいな空気を作ってくれる。その森林が、最近では人も入れないほど荒れ放題になっている。その森林を蘇えらせてくれる。
その森林の草を食べ、ノンストレスで健康に育った牛からおすそ分けしてもらったミルクはぜひ味わってみたいと思ったのでした。

d0160618_21404154.jpg


とっても真っ白なソフトクリーム。
食感はさらっとしていてコクがあるのに、どことなくあっさりとした後味でした。
自然の恵みに感謝して、一度、食べてみるべし!!
またココには、ストローベールハウスがあったり、木漏れ日の降り注ぐ林の中にある牛の放牧場に入ることができたりします。
放牧場にあるベンチに座って、まったりするのも気持ちが良さそう。
とってもキュートな牛さんの目が、印象的でした。
[PR]
by chie-tsuka | 2010-10-18 21:41 | お出かけ

那須ランチ

ランチは、ここへ。
自然食レストラン、アワーズ ダイニング。
カントリー風のかわいらしいお店。
窓からは、自家菜園が見えます。

グリーンピースの豆乳スープに続き、前菜。
d0160618_2016124.jpg

にんじんのフライ、栗の饅頭、ハスと自家製スモークサーモン、生湯葉、アーティチョークの寒天よせ、おから。
にんじんのフライは感動もの!!
にんじんとは思えないほどの甘さとホクホクさ!ほのかなカレー風味がたまらなくおいしかったぁ!

d0160618_20215073.jpg


あけびとバジルの冷製自家製パスタ。
あけびがナスのような食感で、自家製パスタによく絡みます。

d0160618_20231893.jpg


バターナッツのパン粉焼きクリームソース。
穂紫蘇がついているので、自分でシソの実とシソの葉をふりかけます。
このシソとクリーム、信じられない組み合わせが意外にもおいしい。
初めて食べたバターナッツは、ねっとりとしてコクと甘さのあるお味。
これに玄米ごはんと白味噌の味噌汁がつきます。

d0160618_20254834.jpg


デザートは、かぼちゃのプリン豆乳アイス添えと玄米コーヒー。

こちらのお料理は、どれも感動もの。
また那須に行ったら、ぜひ行きたいお店でした。
お店の中にヤギもいます!もちろん首輪でつながれていますよ 笑!
[PR]
by chie-tsuka | 2010-10-17 20:31 | お出かけ